ニュース

2019年3月14日

非接触型センサーパッドを用いた、バイタル、離着床管理ソリューション 「パルケア」を提供開始

CYBERDYNE Omni Networks株式会社(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:山本直行)、ならびに株式会社コヴィア(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:神代敏彦)は、非接触型センサーパッドを用いた、心拍、呼吸、離着床管理ソリューション「パルケア」を提供開始します。


※写真はイメージです。
実際の製品とは異なる場合があります。

「パルケア」は、病院、介護施設向けのソリューションとして以下のような課題を解決します。

・看護師、介護士の負荷を軽減したい。
・ご利用者の心拍・呼吸の状態を常時モニタリングしたい。
・ベッドからの離着床を管理したい。一定時間ベッドに戻っていない場合にアラートが出るようにしたい。
・定時巡回までの間に異常が発生した際、リアルタイムでスタッフに通知が来るようにしたい。
・ご利用者のストレスや睡眠の妨げにならないように非接触型のセンサーにしたい。
・複数の施設や、在宅のご利用者のバイタルをも一元管理したい。

「パルケア」は、パッド型のセンサーをベッドのマットレスの下に敷くだけ。特別な装置を身につける必要もなく、いつも通りに就寝していただくだけで、マットレスを通じて伝わる僅かな振動をとらえ、ご利用者の心拍、呼吸のバイタルデータとともにベッドからの離着床の状態を検出します。データは、パソコンやスマートフォンでどこからでもモニタリングでき、自動的に記録し保存しておくことができます。

また、異常を検知した際は、スタッフの携帯電話にリアルタイムで通知することができますので、スタッフの労働負荷を大幅に軽減することができます。

●日時管理
心拍数や呼吸数の基本データに加えて、離床時間のモニターが可能です。
病床数の多い病院や施設においては、パソコン 画面での一括管理ができます。あらかじめ設定した閾値を超える心拍、呼吸、離着床を検知した際は、パソコン画面やスタッフの携帯端末にリアルタイムで異常通知されます。

●医療レベルの計測精度
イスラエル EarlySense社技術を採用しており、その先進の技術により分析されるデータの信頼性は、すでに30万人を超えるご利用者の実際の臨床結果を元に米国FDA認証を得ており、全世界の数百の病院に採用されています。
「パルケア」は、この信頼のおける医療技術を元に開発された製品であり、その正確さは本格的な医療機器に相当するものです。

●簡単セッティング
「パルケア」は、非接触型センサーパッドとデータアナライザーで構成されます。
センサーは非接触型ですのでウェアラブル機器のように身につける必要が無く、ご利用者に負担をかけず、また、睡眠を妨げることもなく計測をおこなうことができます。
データアナライザーは、収集したバイタルデータを解析しサーバーに送る役割を担います。
Wi-Fiは2.4GHz IEEE802.11b/g/nに加え、電波干渉が少なく、他の無線機器の影響を受けにくい5GHz帯を使用する11a/nにも対応しています。また、3G/LTEの携帯通信にも対応していますので、設置場所にインターネット環境やWi-Fi ネットワークがない場合でも簡単に導入いただくことができます。

本製品はご利用者に負担の無い非接触での測定を実現していますので、心拍や呼吸、離着床の傾向を長期に継続観察することができます。
ご利用者のバイタル、離着床管理、異常検出はもとより、長い周期の計測データを利用して潜在的な変化や傾向をとらえ、異常の早期発見を実現すること。延いてはそれが現場で働くスタッフの負荷軽減につながること。これが「パルケア」の使命であり、私たちはIoT企業として現場のニーズにあった最適な解決策へと導きます。

※本製品ならびにサービスは医療機器ではありませんので、測定結果は健康管理用の参考値としてお取り扱いください。
※下記のような医療用電子機器と併用はしないでください。
 ・ペースメーカーなどの体内埋込型医療用電子機器
 ・人工心肺などの生命維持用医療用電子機器
 ・心電計などの装着型医療用電子機器
※改良のため、仕様の一部を予告なく変更することがあります。また、商品の色調は実物と異なる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※CYBERDYNE株式会社(茨城県つくば市、代表取締役社長:山海嘉之)製のバイタルセンサーとは異なる製品、サービスです。

【本製品に関する問い合わせ窓口】
CYBERDYNE Omni Networks 株式会社 営業部
E-mail: sales@cyberdyne-omninet.com

TOP