ニュース

2020年7月31日

Android 10(Go edition)を搭載したIoTエッジデバイス「Acty-G3」を発売!
eSIM、NFC対応のカスタムモデルも提供

CYBERDYNE Omni Networks株式会社(本社:茨城県つくば市、代表取締役 山本直行)、ならびに株式会社コヴィア(本社:横浜市港北区、代表取締役 神代敏彦)は、GPSトラッカーやIoTゲートウェイとしてご好評いただいておりますAcrtyシリーズの新製品「Acty-G3」を開発しました。本製品は2020年10月より発売開始します。
ソリューションパートナー様向けには、先行で9月中旬よりサンプル販売を開始しますので、是非、ご利用ください。

Acty-G3
「Acty-G3」
※写真はイメージです。実際の製品とは異なる場合があります。

「Acty-G3」はスマートフォン技術を応用しており、高い処理能力を有します。
デバイス内に高いCPU処理能力を有することで、クラウドに送る前処理が可能となり、クラウドからローカルデバイスにデプロイして、末端に処理を分散することができますので、クラウドとエッジが有機的に連動し、応答性能の高い効率のよいシステムを実現します。
また、Androidを搭載していますので、アプリの開発(*1)や外部デバイスとの連携など機能拡張が容易な点が特徴となります。
(*1)弊社が提供する「Acty」は端末のみとなります。センサー情報や、GPS情報などを送る、アプリ、サーバー/クラウドシステムはお客様にてご準備いただくものとなります。

GPSトラッカーとして

「Acty-G3」本体には、Wi-Fi、Bluetoothの他に、GPS、LTE(4G) 通信、ジャイロセンサー(3 軸)、加速度センサー(3 軸)を搭載していますので、車両の位置情報とともに、急ブレーキ、急加速、急ハンドルなどの急挙動を検知したり、走行データの収集・分析をすることができます。
GPSは、A-GPS/Glonass/QZSSに加え、基地局測位、Wi-Fi測位にも対応。セラミックアンテナの搭載により高い受信感度を実現します。

IoTゲートウェイとして

「Acty-G3」は、 Beaconデバイスや各種センサー機器から収集した情報を束ねるIoTゲートウェイとして、日時や位置情報とともにデータをクラウドサーバーに送ります。高いCPU処理能力を有するインテリジェント型IoTゲートウェイとして、クラウドとエッジの分散処理を可能にします。
バックボーンには、Wi-Fi、または LTE(4G) でクラウドとの通信を行います。また、Wi-Fiテザリング、Bluetoothテザリングにも対応します。

○Android 搭載

「Acty-G3」は、クアッドコア1.3GHzに Android10.0 Go editionを搭載。
Androidを搭載しているので、アプリの開発や外部デバイスとの連携など機能拡張が容易な点が特徴となります。
OSを組込み用にカスタマイズすることで長時間のバッテリー駆動を可能とし、IoT用途におけるスマートフォンの欠点を解決し、そのメリットを最大限に生かす組込みデバイスとして開発されています。

○標準 1,800mAh、オプションで 5,200mAh大容量バッテリー(別売)を搭載可能

電源には取り替えが可能な1,800mAhリチウムポリマーバッテリーを搭載し、オプションで5,200mAhの大容量バッテリーをご利用いただくことができます。
測位間隔を調整する事で、細かくリアルタイムに情報を検出・収集したり、間隔を長くしてバッテリー駆動時間を長く運用するなど、用途と目的に合わせてバッテリー容量をお選びいただけます。 また、充電しながら(AC常時給電)のご使用において、バッテリーの劣化や異常のリスクを軽減するため、充電シーケンスのチューニングを行い、バッテリーへのダメージを最小限に抑える対策をしています。

Acty-G3

従来モデルの電源インターフェースはmicroUSBでしたが、高電圧スパイクやサージ電圧、電圧降下など、USBの定格範囲を超える電源環境でのご利用ニーズが増えてきたことを受け、「Acty-G3」では電圧変動に対する耐性を強化(*2)しております。
(*2)すべてのご利用環境での動作および無破損・無故障を保証するものではありません。

○IPX5の防水性能

「Acty-G3」単体で IPX5 の防水性能を持ちます。
防水+バッテリー駆動が可能で、-20 ~ 55℃(*3)の使用温度をサポートしますので、場所や対象物を選ばず幅広い用途でご利用いただけます。
(*3)バッテリー装着時の目安となります。使用環境や、使用状況などにより変化します。

○eSIM対応(カスタムモデル)

eSIMチップを搭載した特別モデル「Acty-G3e」をご用意しています。
SIMカードの機能が端末に組み込まれていますので、物理的な SIMカードを挿入することなく通信回線を利用したり、好きなタイミングで使用停止・再開を自由に切り替えたりと、運用効率が格段に上がります。
また、劣悪な使用環境下においても接触不良の心配がなく、カード情報の書き間違い、紛失、破損など、これまでのSIMカードの不安や不満を払拭して、簡単、便利に運用することができます。
※「Acty-G3e」はカスタムモデルとなりますので、台数やリードタイム等の諸条件が伴います。
※通信事業者が提供するeSIM サービスとの動作検証が必要になります。

○NFC対応(カスタムモデル)

近距離無線通信「NFC」を搭載した特別モデル「Acty-G3n」をご用意しています。
IP-2(NFC Interface Protocol-2) に対応しており、国際規格の非接触ICカードリーダー、また、ISO15693やNFCタグなどのRFIDにも利用できる高機能端末となります。
個人認証などにおいて、外部にNFCリーダーを設置する必要もなく、「Acty-G3n」にIC カードをかざすだけで認証からクラウドとの連動まで「Acty-G3n」単体で実現できます。
※FeliCaリーダーとしてはご利用いただけますが、おサイフケータイには対応していません。
※不特定のNFCタグの動作保証はしていません。
※NFC搭載はカスタムモデルとなりますので、台数やリードタイム等の諸条件が伴います。

■「Acty-G3」仕様

・OS :Android 10.0 Go edition
・CPU :Cortex-A53 1.3GHz 4 core
・メモリ :RAM 1GB/ROM 8GB + microSD
・対応バンド :LTE(4G) Band 1、3、8、19
・バッテリー容量 :1800mAh(標準)
・外形寸法 :L100mm × W65mm × H14mm
・質量 :本体 66g、バッテリー 30g
・インターフェース :USB Type-C、DC ジャック
・SIMスロット :nanoSIM slot ×1
・無線LAN :IEEE802.11 a/b/g/n (2.4/5GHz)
・Bluetooth :Bluetooth4.1+HS LE
・GNSS :GPS、GLONASS、QZSS、A-GPS
・センサー :加速度センサー(3 軸)、地磁気センサー(3 軸)、ジャイロセンサー(3 軸)
・インジケータ :LED×3 (Power ×1、Info ×2)
・メカニカルスイッチ :Fn、2 個、Power × 1
・オーディオ :モノラルスピーカー
・マイク :マイク
・使用温度範囲 :-20~55℃(バッテリー装着時)
・湿度範囲 :20~80%RH
・防水 :IPX5


(別売)5,200mAh 大容量バッテリーパック搭載時
・バッテリー容量:5,200mAh
・外形寸法:L100mm × W65mm × H30mm
・質量:本体 82g、バッテリー 103g

※性能値は使用環境や、使用状況などにより変化します。
※電波法に基づく技術基準適合証明と、電気通信事業法に基づく端末機器の技術基準適合認定を受けた製品ですので、日本国内で安心してご利用いただけます。
※本製品にはSIMカードは含まれておりません。
※SIMカードを挿入してパケット通信を使用する為の設定方法は、SIMカードを提供している通信事業者にお問い合わせください。
※SIMカードを挿入してパケット通信を使用する場合、通信事業者の定める利用料金が発生します。詳細に関しては、SIMカードを提供している通信事業者にお問い合わせください。
※お客様がご利用のアプリケーションやサービスによっては 、データ通信を無効に設定してもパケット通信料がかかる場合があります。
※ご利用の料金プランにより、テザリング利用時のパケット通信料が異なります。パケット定額サービスへのご加入を強くおすすめします。
※デザイン、仕様等は改良のため予告なく変更する場合があります。

■製品サイト

https://www.cyberdyne-omninet.com

【本製品に関する問い合わせ窓口】

CYBERDYNE Omni Networks株式会社 営業部
E-mail: sales@cyberdyne-omninet.com

TOP
> >